<< Twitterはじめました! | Main | 首都とみそ汁 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
イラン人レズビアンKiana Firouzさんを救うための署名にご協力を!


イランレズビアンのKiana Firouzさんが英国での難民申請を却下され、イラン強制送還されそうになっています。イランに戻ったら死刑になるのは確実です。彼女の強制送還をやめさせるための署名にご協力ください。

まずは以下の記事を。
日本語・英語対訳で分かりやすく書かれています。

[Action Alert]イラン人レズビアンKiana Firouzさんを救うための署名にご協力を!


詳細をcheckしたら署名サイトへGO! お名前とメールアドレスを記入するだけでOKです。



日本の法律ではそもそも同性愛者は「想定外です」といった扱いですが、
イランでは、「同性愛は罪、同性愛者は死刑」とされています。

同性結婚、DP法を持つ国が増えてきたとはいえ、マイノリティであるために苦しんでいる人、命の危険に曝される人は 数多くいるわけで。

そういった現状に対して小さな声をあげ、声を集めて“可視化”させる。
これも私達ができることの一つだ、と思うのです。

(4.30 もい)
ちょろっと主張したいのです | 12:26 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
- | 12:26 | - | - |
Comment
 リンク先に行きました。
ゆゆしき問題ですね。異性愛者でないということに関して命が危険にさらされている、ということは日本ではほとんどありませんから、こういう海外のニュースは衝撃的でした。
どんな小さなことでも良いから自分にできることをする、これはマイノリティであるかどうかに関わらず人間として大事なことだと私は思っているので、「行動しなければ」と思いました。
価値ある記事をありがとう。
恵子 | 2010/05/01 2:31 AM
イスラムやキリスト教の社会では同性愛は戒律に反するという考え方がありますが、同性愛者をどう考えるかを宗教者の手に委ねてよい時代は過ぎたんだと思います。
アメリカや日本などの同性愛に比較的寛容な国に難民認定を求めるしかこの女性を救う手段がないんでしょうか。
しかし日本も難民認定がとても難しく、在留許可が下りにくい国ですから、この人の命を守る手がどこかにないものでしょうか。
樋川真 | 2010/05/01 1:29 PM
幸運を祈ってます
yuji aota | 2010/05/04 8:13 AM









 
Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Entry

Category

Comment