<< ピアフレfor girls 開催延期 | Main | 東北地方太平洋沖地震チャリティコンサート告知 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
ウェディングで祝い、祝われるということ。

 こんばんは、ノノです。

まず、東日本大震災により被災された方、
 また親類・知人が被災された方々にお見舞い申し上げます。
一刻も早い、復旧復興となりますよう願っています。


私の住む山梨も、3/11には大きく長く揺れました。
その後に起きた富士山を震源とする地震には身が縮こまりましたが、
幸いなことに家族・親類とも今は平常通りの生活を送れています。


ここをご覧になってくださってる皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。
お疲れではございませんか?
地震後の日常生活で感じたことなどは、
また後日 機会がありましたらUPしますが、
今回はハッピーな話題のおすそ分けをさせてもらいます(*^ω^*)


実は、地震から一週間チョットぐらいの時期に、
私は大事な友人の結婚式へ行ってきました☆
 
まだ余震も気になる時期でしたし、予定通り執り行うか悩んだそうですが、
少しでも明るい話題を提供出来たら との事で、
始めに黙祷捧げた後にアットホームな披露宴が始まりました。
 
私自身、結婚式や披露宴に招待されたのは初めてのことで、
友人の晴れ姿を見ただけでも舞い上がってたんですが(`∇´ゞ
新郎新婦、揃って得意な空手がサプライズで披露されたときには
飛び上がって興奮してました、慣れないヒールの足で(笑)
 
空手、好きなんです私。こう、胴着といい、立ち姿といい…
あ。話、逸れましたΣ(゜∀゜;ノ)ノ


当日も余震があったようですが、
地震苦手な私も ひととき怖さを忘れて
ハッピーな気持ちに満たされることが出来た一日でした。


で、式や披露宴、二次会の幸せ空間に居ながら折々思ったんです。


「いつか、レズビアンカップルやゲイカップル、
 その他レインボーなカップルの友達の挙式にも呼ばれたいし祝福したいなぁ」 と。


初めて自分がお呼ばれした式が
とってもアットホームな雰囲気だったからか、
さらに欲を言えば    「そういう挙式を開くお手伝いがしたいなぁ」 と。


今の自分には、ウェディングに関する知識も人脈もないけれど、
 誰かの門出を祝う場を作る ってことに興味が沸きました。

wedding

『日常の中で居心地よいハッピー空間を街中に。』

これは、Planetに入ったぐらいから考えるようになってたんですが。
今度は…

『ハレの日を祝える空間も貴方へ。』

これも私のやってみたいことに加わりました。

 

2011/04/07 文:ノノ 写真:ノノ

ちょろっと主張したいのです | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
- | 00:17 | - | - |
Comment









 
Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Entry

Category

Comment