スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
【第2回ゆりぶん企画】「瞬きブルー」 ノノ ―お題◆嵜А

【第2回ゆりぶん企画】「瞬きブルー」 ノノ

ゆりぶん | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
【第2回ゆりぶん企画】応募詳細・第1回あとがき【Planet外からも、募集!】
 

ゆりぶんとは、
“百合なうちらの感性から発信される文化すべて” をあらわす造語。


というコンセプトのもと、第2回ゆりぶん作品を募集します



ちょっとうれしいお知らせ!】
今回は、Planet外からもゆりぶん作品を募集します!
詳細については以下をご覧ください。



Q.「百合文学」の略じゃないの?

A.それも入ります。だけど、生活の中で思う事はもっと色々だったり。そんなに甘くもドロドロでもなかったり。表現方法もそれぞれだしね!
そこで“百合文化”の登場。百合文化=うちらが発信する文化全部でいいんじゃない?というおおざっぱな提案の中に、“無理にセクシュアリティとか色恋にこだわる必要ないよ”というメッセージも込められています。



【第2回ゆりぶん企画応募詳細】

お題: 
3つの中からお好きなお題をお選びください。はずれとか・・・は、ないよ!

① 「あつい」
② 「色」
③ 自由になんでも!!



作品形体 
1.文字(俳句、詩、小説、随筆などなんでも。書き下ろしでなくともokただし自作に限る) 
2..画像(イラスト・写真など) 

妄想でもいいし、写真にパシャでもいいし、「こんなストーリーが読みたい」でもいいし。みんなの心のアンテナにひっかかったモノを見てみたいと思うのだよ。 コラボ、連作、その他もろもろ大歓迎です。

気をつけること 
・実在の人物がモデルになっている場合は個人が特定できる情報を入れない 
・書くor描いててしんどくなったら無理しない 
・ひとりいくつでもOK 
・著作権にはご注意を

投稿方法
◆1.Planetブログから直接投稿(※Planetメンバー)
投稿時には
☆カテゴリーをゆりぶんとし、
☆タイトルを 【第2回ゆりぶん】○○(←ここに作品の題名)
と記入して下さい。
☆今回は、投稿サイトなどの“祭り”仕様です。(期間中に作品が続々あがる)
投稿時には、記事の公開・非公開欄で「公開」をお選びください。

ブログの編集方法、パスワードについてはもいをとっ捕まえて聞いて下さい。

その際、「ブログで一般公開は気が引ける」というPlanetメンバーさんは、タイトルに 【非公開希望】 と入れるか、画像化してmixiのトピックにアップして下さい。Planetメンバー内のみに公開します。


◆2.Planetのメールアドレス宛てに送信(※Planet外からの応募)
「Planetのメンバーじゃないけど参加したい」方はPlanetのメールアドレス宛てに
☆タイトル、お名前(ハンドルネームでOK)、ひとことを添えてお送りください。
 企画者が代理で記事をアップロードいたします。
☆メール送信時は、件名に 【第2回ゆりぶん】 と入れていただけるとわかりやすいです。
↓↓メールアドレスはこちら↓↓
planet.mail55(α)gmail.com(※(α)を@に変えて下さい)


しめきりについて※追記
メール、編集、どちらの場合も8/10まで!
作品が出揃ったところで目次ページを作ります。


では、今回はこんなかんじでお願いします。
相談その他もろもろはコメントからどうぞ!




【第一回のあとがき

第1回ゆりぶん企画へのご応募&閲覧ありがとうございました!
なんと、Twitterで公開のお知らせを打った日の閲覧数がドカンと伸びたそうです。
(企画者一番びっくりしてるよ)

また、ゆりぶんをきっかけにPlanetに興味を持って下さる方や、”表現する場・集団”としてのPlanetに魅力を感じて来てくれた方もいらっしゃるそうな自分たちが楽しむのはもちろん、誰かさんの「いい循環」を加速する、ちいさな鍵になっていけたら素敵だなーと思いつつ。第2回も、たくさんの応募待ってます!

(by企画進行:もい)

ゆりぶん | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
【第一回ゆりぶん】目次
 


yuribun.png

ゆりぶん:“百合なうちらの感性から発信される文化すべて” をあらわす造語。

ふだんの暮らしの中、ふと思うことや
トゲみたいにささったままの気持ち。
フィクションもノンフィクションも、
セクマイなことも、そうでないことも、
言葉や形にしてみたら、何かあるかも。

第一回ゆりぶん・目次









*それぞれ、上のリンクから作品へ飛べるようになっています。
リンクおかしいとこあったら教えて下さい。


最後になりましたが、企画参加してくれた
ゆみさん、ノノさん、スベさんへにでっかい感謝の気持ちを送ります。
前期試験終わったら、まったり飲みながら座談会でもしましょうや(byもい)
ゆりぶん | 02:53 | comments(3) | trackbacks(0) |
【第一回ゆりぶん企画】「日に常に積み重なるを」 Moi

君がくれるメールが、うれしい。

君がくれる、何でもないメールがうれしい。

君が送ってくれる、何でもない出来事のメールがうれしい。

君が送ってくれる、何でもない毎日の出来事のメールがうれしい。

君の気が向いた時に送ってくれる、何でもない毎日の出来事のメールがうれしい。

君の気が向いた時に送ってくれる、何でもない毎日の中に見え隠れする出来事のメールがうれしい。

君の気が向いた時にだけ、そっと送ってくれる、何でもない毎日の中に登場する、君が見つけた出来事のメールがうれしい。





君の気が向いた時にだけ、そっと送ってくれる、何でもない毎日の中に登場する、君が僕のこと想って見つけた出来事のメールが、私はうれしい。

ゆりぶん | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
【第一回ゆりぶん企画】 「花束」 ゆみ


緩やかな坂道を登り切ると、視界が開けて遠くに海が見える。

アブラゼミの鳴き声がけたたましく、煩わしいような、でも少し懐かしいような気持ちになった。

慣れないサンダルを履いてきたせいだろう、足首に鈍い痛みを感じる。かがんで見てみれば、ストラップのところが桜色に染まっている。

早く大人になりたくていつも背伸びばかりしていた私は、ほんの少しの見栄のために、いつも少しだけ高すぎるヒールのものを履いてしまう。

ほんの少しの見栄をはれたのはあなたがいたからだし、ほんの少しの見栄をはらずにいられなかったのも、あなたがいたからだ。

早く大人になりたかった。大人になれば、もっと自由になれる気がしたから。

自由になりたい私は、幼い時からとにかく腰の落ち着く暇のない子供だった。

小学生の時はよく家出したし、中学生になれば学校から逃げ出したし、高校生になればこの街から逃げ出したし、大学生になればこの国から逃げ出した。

逃げ出してはこの場所に戻って来て、そうしてまた次はどこに行こうか考えてばかりいた。私をわくわくさせるのは新天地の存在だけだった。

ただ、私をどきどきさせるのは、あなたの存在だけだったけれど。

 

ほんの少し坂道の上の所で足を休めて、また歩き出す。

歩き出した私を元気づけるかのようにさっと風が吹いて、太陽にやかれた首筋に心地よい。右手に握りなおした花束の包み紙が、かさかさと静かな音をたてた。

ゆっくりと歩みをすすめる私を、3人の小学生がじゃれあうように騒ぎたてながら追い抜いていく。

ああ、夏休みなんだな、とこんがり焼けた小学生達の脛を見ながら私は納得して、それからどんどん遠ざかる彼らのリュックをぼおっと見やる。

中学生の頃、よく途中で授業をさぼっては、荷物も持たずにどこかに行ってしまう私を、あなたは決まって待っていてくれた。

陽が落ちかけた教室で、あなたは机の上に私の通学かばんを自分のかばんと並べておいている。そうして静かに座って窓の外を眺めている。

私が教室に戻ってくると立ち上がって、「おかえり」と言ってくれたものだった。

私の放浪癖に小言を言う事はいくらでもあったけれど、いつでも私を待っていてくれた。でも今思えば、あなたがどんな顔で私の背中を見送ってくれていたのか私は知らない。

あなたに背を向けたわたしは、あなたの表情を見る事なんかできなかったからだ。

 

何度も足を運んだせいで、もうすでに道順はすっかり私の頭の中にしみこんでいる。

坂道からまっすぐ海に向かって進んで、三番目の小路を左折する。

それからしばらく歩くと、十字路になったほんの少し広めの道に出る。

 

 

「ずるいよ」

私は道に一人突っ立って、静かにひとりごちる。

あなたはきっと笑って言うだろう。「待つのはいつだって私だったんだから、一度くらい大目に見てよ。」

確かに私は何度もあなたに見送られ、私があなたを見送ったのは一度きりだけれど。

それでも不公平だと思う。だって、私はあなたに会いに絶対に戻ってくるのに、あなたはもう戻ってこない。

 
 

十字路のコーナーに最近出来たばかりのカーブミラーの近く、あなたが好きだったひまわりの花束を置く。


 

あなたがもうここにはいないから、私はこの場所から動けないでいる。

ゆりぶん | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
【第一回ゆりぶん企画】作品募集



ゆりぶんとは、“百合なうちらの感性から発信される文化すべて”  をあらわす造語です。


というコンセプトのもと、ゆりぶんな作品を募集します


Q.「百合文学」の略じゃないの?

A.それも入ります。だけど、生活の中で思う事はもっと色々だったり。そんなに甘くもドロドロでもなかったり。表現方法もそれぞれだしね!
そこで“百合文化”の登場。百合文化=うちらが発信する文化全部でいいんじゃない?というおおざっぱな提案の中に、“無理にセクシュアリティとか色恋にこだわる必要ないよ”というメッセージも込められています。


【※Planetメンバーではない方へ※】
第一回については、企画とかできるかな?と試験的に行っているため、今回はPlanetメンバーのみ投稿可とさせていただきます。ごめんなさい。
もし「この企画に参加したい!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひplanetにメールを下さい。第二回からの企画につなげていきましょう。



【第一回ゆりぶん企画応募について】

お題: 日常なんでもOK
※2010/06/01
「自由度が広がるかも」 との提案をいただき、お題解除しました!!
期限迫ってますが、フリーダムにいきましょう(^皿^)

作品形体 
1.文字(俳句、詩、小説、随筆などなんでも。書き下ろしでなくともokただし自作に限る) 
2..画像(イラスト・写真など) 

妄想でもいいし、写真にパシャでもいいし、「こんなストーリーが読みたい」でもいいし。みんなの心のアンテナにひっかかったモノを見てみたいと思うのだよ。 

気をつけること 
・実在の人物がモデルになっている場合は個人が特定できる情報を入れない 
・書くor描いててしんどくなったら無理しない 
・ひとりいくつでもOK 

投稿は・・・
1.Planetブログから直接投稿、カテゴリにゆりぶんを選択
2.公開したくない場合などは画像化⇒mixiトピにUP
それ以外はmixiのトピックで相談といきましょう。


たくさんの応募待ってます!
(byとりあえず企画進行:もい)

ゆりぶん | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
【第一回ゆりぶん企画】「王」 ナナコ

みながワラうので、わたしはナいた




カゼ光る


ちなまぐさいにおいとともに


そこのないクロから


つきさすシロへおとされる


くるしくてみをおもいきりのばす




すう


すう


はく


はく




ふるえるくちびる


たいないをいっせいにひろげられ


おしりのあなからうめく


みをちぢこめることすらゆるされぬ


おさえつけられたまま


アオいソラへふわりとういた




ほぎゃ


ほぎゃ


ほぎゃ


おめでとう


おめでとう


おめでとう




みなの掌がわたしの髪をこすりあわす程


頭の上がはだ寒くなる


衆望をわたしは担う


胸の火を消えぬようすずカゼの中を突き走った


握った剣は振るうたびにアカくあたたかかった




さようなら


さようなら


さようなら


さようなら




掠れる声で 満足だ と添えた


みなは 不満だ と補った


仕方がない と残した


仕方がない とみな肩を落とした




今日のソラは相変わらずアカかった


空っカゼが戸を叩く




すう


はく




みながナくので、わたしはワラった



ゆりぶん | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
【第一回ゆりぶん企画】「会話」 ナナコ

携帯で君と話してる

温かいベットの中

受話器を押し潰し

うんとまどろんで

おやすみの囁きで

夢に墜ちていく私

枕の左斜めと真中

隣で君と笑っている


ゆりぶん | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
【第一回ゆりぶん企画】「穏やかな眼差し」 ノノ

ほら この姿
 
 
大きな獣(イキモノ)ってのは
荒々しくもなんと穏やかに包み込むものなのか…
 
 
 
あぁ この地球(ホシ)もまた一つの生命体(いのち)なんだよ

ゆりぶん | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
【第一回ゆりぶん企画】「メール」 ナナコ
 画面にうつしだされる電子文字

なんびとがみたことのあるチープな文字

こんなにもつかい古されたゴシック文字

でもアンタがおくってくれた簡潔な文字

即返信するわたしの赤い絵文字



ゆりぶん | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Entry

Category

Comment